天才・大谷翔平の二刀流まとめブログ

日本野球の常識を覆す天才投手&打者の大谷翔平について書いています。
 

2014年11月16日

日米野球で感じた大谷翔平の非凡な才能とメジャーへ行く前に注意する点とは?

-スポンサードリンク-


MLBオールスターチームと侍ジャパンとの日米野球第一戦に登板し、初球から157キロのストレートを投げた大谷翔平。

「20歳の若さであれだけの球を投げるとは」とMLBを率いるファレル監督も驚いており、未来のメジャーリーガーである大谷翔平は確実にMLBに大きなインパクトを与えたと言えるでしょう。

まぁ、リップサービスも多分に含まれているでしょうけどね。

しかしながら、ここで1つ改めてわかったのは「160キロを投げる投手はメジャーでもそんなにいない」ということです。

155キロ以上となると割とゴロゴロいるイメージですが、さすがに160キロを投げる投手はメジャーでもそんなにいません。

以前にもこのブログで指摘していますが、大谷翔平のストレートの平均球速帯はメジャーでもトップクラスに位置しています。

あんなり細い体なのに、あの球速を出す。そりゃ、メジャーも高校生の頃から目をつけますわ。

特にメジャーリーガーと比べると日本のプロ野球選手は細いとすら思ってしまいますので、それよりもさらに細い大谷翔平だと、本当に高校生みたいに見えてくる。

あれだけ目に見えて体格の差がわかると「日本人も筋トレをするべき!」と思う人もでてきそうです。


ですが、20歳で成長が止まっていない大谷翔平としては、筋力トレーニングを本格的にやれる時期ではまだなかったりします。

確かにプロ入りして体は一回り大きくなったような気はしますが、それでもプロから見るとまだまだ細い部類に入ると思います。

彼はまだ筋力トレーニングを本格的にはしていない。それでも160キロを超えるストレートを投げることができる。そして、もし本格的に筋力トレーニングをしたら?

その可能性は無限大にも思えてきます。

ここに大谷翔平の非凡さが表れています。

大谷翔平侍ジャパン.jpg

ですが、筋肉はトレーニングで鍛えることができますが、関節は鍛えることはできません。

クレーンとかをイメージしてもらえればわかると思いますが、重いものを振り回したり、勢いよく振り回すと、その重さや勢いは遠心力で大きくなり、そのエネルギーがある一定を超えると、支点となる部分が折れてしまいます。

これを人間の体で言い表すと「肩」「肘」という部位になります。

仮に筋力トレーニングが本格的に開始してもよい時期にきたとしても、バカみたいに筋力をつけると故障する危険性も増すということです。

その辺は野球脳の高い大谷翔平であったり、独自のトレーニングプログラムを持つであろう日本ハムなら、おそらくは大丈夫だと思いますが、「筋トレ=成績アップ」というわけでもなかったりします、投手の場合は。

これだけの逸材を怪我で遠回りさせたり、劣化させるのはもったいないです。

少し時間がかかろうともじっくりと鍛えてほしいですね。


- - -【関連記事:大谷翔平はなぜ天才なのか?】- - -

大谷翔平、天才の理由と二刀流の可能性【オススメ記事一覧】


-スポンサードリンク-


posted by 天才・大谷翔平 at 01:10 | Comment(0) | 大谷翔平 海外の反応 評価 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。